読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSD情報

※本ブログの内容は個人的見解であり、所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。 / # The contents expressed here are only my personal opinions.

HDDのファームウェアにスパイウェアを仕込む話

下記日本語記事は、かなり記事のトーンがオリジナルと異なります。


HDDのファームウェアに感染するマルウェアが登場、逃れる術はないことが判明 - GIGAZINE

 

下記が英語元記事(ロイター)。通常のマルウェアのように感染する話とは全く異なります。HDDが感染する訳ではなく、HDDのファームウェアを書き換えることができた場合には、攻撃者は脆弱性を作り出したり、攻撃をしやすくなる、という話。


Russian researchers expose breakthrough U.S. spying program | Reuters

Raiu said the authors of the spying programs must have had access to the proprietary source code that directs the actions of the hard drives. 

ライウ氏(カスペルスキー社の研究者)によると、スパイプログラムの作者は、(各HDDベンダが開発する)独自のソースコードを入手し(ソースコード改造後にHDDのファームウェアを書き換えて)、HDDの動作を制御する必要がある。

※HDDファームウェアソースコードとHDDの仕様が必要なので普通はそんなこと出来ない。

"There is zero chance that someone could rewrite the [hard drive] operating system using public information," Raiu said.

「何者かが公開された情報を用いてHDDのオペレーティングシステムファームウェア)を書き換えられる可能性はゼロである」とライウ氏は述べた。