SSD情報

※本ブログの内容は個人的見解であり、所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。 / # The contents expressed here are only my personal opinions.

ストレージI/O高速化への取り組み:Linux BLK-MQ/SCSI-MQ

Linux関連のコア開発者から聞くところによると、ストレージのI/Oアーキテクチャはネットワークに比べ、10年くらい遅れていたらしい。長らくハードディスクという相当に遅いデバイスが相手だったので、それほど気にしなくても済んでいたという。

ところが、最近のフラッシュメモリ等々の急速な広まりで、ソフトウェア部分も強化が進んでいるようだ。1つの論理デバイスに対してCPUのマルチコアを活用するというネットワークでは今や当然となっている仕組みがストレージにもようやく搭載されつつある。Multi-Queue(マルチキュー)と呼ばれている。

Linuxの仕組みとしては、BLK-MQ(Multi-Queue)とSCSI-MQである。Linux以外のOSでは良く分からないが(きっとあると思います)、少なくともLinuxではシングル論理デバイス(LUN)当たり1M IOPS(100万IOPS)を実現すべく、搭載されつつある模様である。

[Phoronix] Blk-mq Is Almost Feature Complete & Fast With Linux 3.16

Merged for the Linux 3.13 kernel was the multi-queue block layer allows for better SSD performance with reduced latency and by balancing I/O workload across multiple CPU cores and supporting multiple hardware queues. With the upcoming Linux 3.16 kernel, the "blk-mq" code is expected to be feature complete and deliver great performance. 

Linux Kernel 3.13で実装されたマルチキューブロックレイヤにより、複数のハードウェアキューがサポートされ、複数のCPUコアにI/Oが分散されるようになり、より良いSSD性能とレイテンシー削減が実現された。Linux Kernel 3.16では、「BLK-MQ」コードが完成され、優れた性能が期待される。

 

[Phoronix] SCSI Multi-Queue Performance Appears Great For Linux 3.17

Building upon the major blk-mq work for the multi-queue block layer, the SCSI multi-queue code is now in good shape according to its developers, is delivering very promising performance results, and should be merged into the Linux 3.17 kernel cycle. 

 マルチキューブロックレイヤに関するBLK-MQの取り組みに関して、開発者によると、SCSIマルチキューのコードは、良い状況となっており、非常に良い性能値が実現され、Linux Kernel 3.17サイクルにマージされるようだ。

 

 In terms of the performance potential of this new code to better take advantage of multiple CPU cores and designed to work with (eventually) multiple hardware queues too, "The usage of blk-mq dramatically decreases CPU usage under all workloads going down from 100% CPU usage that the old setup can hit easily to usually less than 20% for maxing out storage subsystems with 512byte reads and writes, and it allows to easily archive millions of IOPS." 

複数のCPUコアと複数のハードウェアキューを活用する新しいコードの期待性能に関しては、「BLK-MQの活用は、全てのワークロード下でCPU使用率を劇的に減少させ、従来のコードでCPU使用率100%であったものを20%以下にし、ストレージサブシステムの512バイトのリード及びライト性能を最大化し、100万IOPS(1M IOPS)を容易に実現させる」